筋肉を付けるならラポマインと超回復を利用する

筋肉を付けるならラポマインと超回復を利用する

超回復、という言葉は聞きなれないかと思います。筋トレをすると筋肉痛が起こったりしますね。

 

その時は筋肉の細胞が筋トレによって破壊された状態によって生じる痛みで、それが治ることを超回復と呼ぶのです。

 

けれども超が付いているということで普通の回復でないことは理解できるでしょう。筋トレをした後に筋肉が付くのは、細胞の修復と共に、筋トレの際にかけられていた付加に耐えられるようにより強い筋肉に組み直されるからで、回復と同時に筋肉の強化が行われているから、超回復と言われているのです。つまり、筋トレをすることと超回復をしっかりと行うことは筋肉を付ける上ではかなり重要な事です。汗の処理も重要です。ラポマインを使用するようにしましょう。

 

超回復の期間は、筋トレ後から24時間〜48時間の間と言われています。超回復をしっかりと行うためには、この期間中にはしっかりと休憩を取る必要があります。逆に、この期間中に筋トレをしてしまうと逆効果になります。よく芸能人の方などが毎日筋トレをしている、と自慢げに話していますが、もしもそれが超回復を利用した、きちんとした休憩を取った上での筋トレであったならば、その有名人は今以上にムキムキになっていたことでしょう。

 

また、それを真似て普段筋トレをしていないような人が毎日筋トレをし始めてしまうと、毎日筋肉痛が抜けないという悪循環に陥ってしまう場合もあります。筋肉痛を我慢すればいい、いずれ慣れる、という根性論で筋トレを行うのは、筋肉痛のせいで日々の生活に支障を出してしまったりもしますし、何より筋肉を付けるという目的に対してあまりにも効率的ではありません。筋トレもその他の努力と同じで、日々の積み重ねです。汗もその分かくのでラポマインの利用が必須です。

 

ですが、筋肉が付くのは超回復の終わった後です。毎日筋トレをしている場合も多少は付きますが、それもほんのちょっとです。

 

超回復後ならばその倍以上の効果が期待できると思ってもよいでしょう。それならば、毎日筋トレをするよりもきちんと一日か二日間の休憩をきちんと取った上で筋トレを行った方がより効率的だとは思いませんか。もしも効果をきちんと実感して筋トレを行いたいのであれば、効率的に行うのがいいですし、何よりモチベーションに繋がります。また、休憩期間を設けることで、毎日筋トレをするよりも自由に使用できる時間が増えます。超回復とラポマインを利用した筋トレはまさに一石二鳥なのです。